備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

近況

この冬は雪はないだろうと話していたら日曜午後から雹が降り夜半には雪に。月曜朝は一面真っ白の雪景色のように見える、氷。いきなり冬に逆戻り。
書きたいこと、書きかけての文章はたくさんあるのですが今しばらく時間が取れそうにないので、コメントを頂いた方、返事遅れますがゴメンナサイです
スポンサーサイト
  1. 2015/02/19(木) 08:40:37|
  2. 日常生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

大震災2

これは震災以来ずっと根に持っていることなので書いてみます。特定の人物を完全に否定しているので興味のない方はスルーして下さい。












続きを読む
  1. 2015/02/11(水) 10:33:55|
  2. 古いネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

独り言

人質騒動が一段落した?と思ったらこんどは旅券返納でまた一騒ぎするの?

ここしばらくの報道は何かに追いつめられてなりふり構わず暴れているように見える。現政権の良し悪しというのとは全く別次元に見える。

報道関係者や一部の政治家は中学の社会科で習うようなことを知らないのか?それとも確信的になりふりかまわない政権叩きをしているのか?どちらにしてもなににそこまで焦っているんだろう?

インターネットでいろいろな情報が入手できる今日、そんなに煽るのは逆効果にしかならない。海の向こうにいて事の真相をよく知らない私でもそこまで意固地になって言われると、感覚的に、メディアがインチキ言ってんじゃなかろうか?と感じてしまう。

子供のころに読んだイソップ童話にあった最初の物語が北風と太陽。短い文章にうまいこと書いてるよ。
  1. 2015/02/11(水) 10:24:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

お笑い

そりゃ眠いところ無理に起こされると不機嫌にもなりますわ。
何をやっているのかはこちらをご覧下さい。35秒から注目。
        
  1. 2015/02/07(土) 03:38:32|
  2. アメリカ暮らし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ムスリムの意見

日本ではムスリム(イスラム教徒)はまだまだなじみが少ない思う。昨日イラン出身のムスリムと話したので彼女の話してくれたことを少しだけ。
 
ISIS(Daesh,イスラム国と呼ぶのは適当ではないので)と名乗っている連中はムスリムじゃない。イスラムという名前を使うのは宗教にかこつけて自分たちを大きく見せたいから。99.9999・・・%のムスリムはまともな人たち。参加者が増えているというけれど18才くらいの無学な若年者がアドベンチャー気分で入っているだけ。

ムスリムはあんな(愚かな)ことはしない。(イラク北部の)イランとの国境付近にはDaesh支配地域があるけれどイラン陸軍が強力なので進入できない(来ない)。(言いたかったことは「混乱状態にあるイラクやシリアで暴れているだけで平常状態にある国相手に戦えるようなレベルにはない」ということだと思う)

話した感じから、Daeshはムスリムの感覚だと(日本の報道ではえらく持ち上げられているけれど)存在感は薄い。会話からムスリム社会における存在感の小ささが感じられた。誇張して言えば「ま~どこにでもときどき変わったやつはおるからな~、でも珍しいわな、あんなやつ」。
  1. 2015/02/06(金) 10:53:27|
  2. アメリカ暮らし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

価格破壊

コロラド州でマリファナが解禁になって以来この街では州内で栽培している売人の商売があがったりになったらしい。栽培の手間暇を考えると合法的に簡単に手に入るマリファナの安さにはかなわないらしい。栽培といってもなかなか手間暇がかかるらしい。これだけを聞くと夏にトマトを売りに来る農家と同じように聞こえてしまう。価格崩壊が起っても抗争が起こっていないのが田舎ののどかところ。

コロラドから隣接する州に売りに行くのがいるので警察が警戒している。隣接州で職務質問されてマリファナ所持がばれて逮捕された犯人がいかにも不満げに「コロラドナンバーと見ると片っ端から(警察は)停める」と。でもあんた不法所持してるやんか、なにえらそうなこと言うてるねんな。こういう笑い話が現実に起こっている。でも売買のいざこざで殺し合いになっていないのはいいことだ。
  1. 2015/02/05(木) 09:55:40|
  2. アメリカ暮らし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

地震1

機会があれば書きたいと思っていた阪神淡路大震災の話しです。1/17に合わせて書きかけで放置したあったのでタイムリーではありませんが。

阪神淡路大震災から20年。神戸ではなかったけれど大揺れ圏内に住んでいたので自宅がミシミシと揺れて目が覚めた。明け方まで自宅で仕事をしていて炬燵に足を突っ込んだまま寝こんでしばらくした時に地震発生。えらいおっきな揺れやったなあと思いテレビをつけると「ただいま神戸市付近で大きな揺れがありました」という臨時ニュース。

それまで地震を怖いと感じたことがなく初めて地震を怖いと感じた。恐怖がさめやらないにもかかわらず寝不足の頭は異常に興奮していて揺れの方向からほとんど反射的に断層のズレの方向を考えていた。一人で、こっち向きに揺れたからここから神戸の方向ならどっち向きに断層がずれたとかなんとかが頭の中をグルグル回っていた。恐怖心も混ざった一種のパニックだったと思う。そんなときに断層がどっち向きにずれてたってそんなことどうでもいいことだからね。

両親に電話をかけたところ「ここは揺れただけ、(飼っていた)イヌが吠えただけでなにも被害はない」。神戸に住んでいた従兄弟たちも自宅はめちゃくちゃになったけれどみんな無事だとのこと。大きく揺れたと思ったけど(被害は)そんなもんかと思い一安心。その時点では報道もあの悲惨な状態を把握できていなかった。眠くなったので横になった。少し寝込んで8時を過ぎていた、仕事の続きをと思いつつテレビをつけた。その時点では「あちこちで火事が発生しています」というくらいであまり深刻な感じはなく仕事再開。

時々テレビをつけると時間の経過と共に被害状況が分かり始め、こりゃ大きな被害になってるぞと怖くなってきた。それでさへ後から振り返るとそのとき「こりゃひどいな」と感じていた被害は実際の被害のほんの一部だった。あの時以来、ぐらっと揺れるとゾッとするようになった。子供のころはたまにゆれると、蛍光灯ゆれてるぞ~と言って喜んでいたのが今は怖い。

この界隈にはたくさん油井がある。石油採掘の関係で最近地震が増えているらしい。半分以上は信じていないけれどシカゴ大のグループが報告してる。地震といっても震度一くらいなので静かに座っていないと気が付かない。それでも自分の席に座っているときに来るとちょっと怖い。人と話しているときに来られると向こうは揺れたかな?くらいで気にもしていないけれどこちらは内心ビビってる。平静を装うけれどもしかすると相手に見透かされているかもしれない。そういうのが何回かあった。

地震直後の電話から後しばらくの間は兵庫県への通話はつながらなかった。ニュースを見るたびに報道される被害状況がどんどん広がっている。私の回りではせいぜい建物の壁に亀裂が入ったくらいで大きな倒壊被害などはなかったのでテレビの中の光景が異様な修羅場と写った。その後身近な人でご家族を亡くされた方、怪我はなくとも自宅が壊滅的な被害を受けた方・・・
時間と共にいろいろな被害が聞こえてきてなんとも言えない気持ちになったことがいまも忘れられない。

大学生のころお世話になった先生の御子息が4月に大学に入学して震災で建物の下敷きになって亡くなった。後輩が葬儀に参列するとの連絡をくれたので、おれの分も頼むとお願いした。後日後輩が葬儀の様子を知らせてくれた。もうみてられませんでしたよ、と。大柄で日ごろは強面の印象だった先生がそこまでになるのかと思うとこちらも悲しくなった。

  1. 2015/02/03(火) 02:46:06|
  2. 日常生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。