備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

薬物事情2

二つの話しを紹介します。一つ目は知人で高校の教員をやっている人に聞いた話しです。

彼の勤務する学校は比較的新しく(新しい制度として)ロッカーがないそうです。この街の高校には子供が荷物を入れるロッカーがあります。

彼の学校にロッカーがない理由は武器や薬物を隠せないようにだそうです。飲み物の持ち込みは禁止、理由はアルコールを持ち込む子がいるからだそうです。

彼の子供さんは小学校4年生です。小学生はバックパックを持って学校に行く子が多いです。その子の学校ではバックパックは中身の見える透明のものです。見えないとなにを入れてくるかわからない子がいるからだそうです。この街の学校とは随分様子が違います。

さて、次はこの街の話しです。高校(中学以降)では授業中に教員が子供のロッカーを開けて検査します。ときどき薬物が出て警察行きになる子がいます。この街にはスラムもなく基本的には治安のよい街ですが、このレベルのおバカ高校生は一定数はいるようです。

息子によると校内で薬物の密売に関する情報が聞こえてくるらしいです。密売に来るのは市内ではなく市外からだそうです。具体的な場所もいくつか知っています。もちろん警察もそれくらいのことは知っているんでしょうが放置のようですね。

一度息子が友人から「友達がマリファナをやめないのでやめるように言ってくれ」と頼まれて薬物の害について説明したことがあるそうです(最近まで知りませんでしたが)。その子は女の子で成績はオールAの優等生ですが家庭に問題があるのかマリファナに逃げています。

うちにも来たことがあるそうで嫁いわく「礼儀正しいい可愛い子だった」とのことです。その話しを少し前に聞いて大変驚きました。

こんな呑気で危険の少ない街にでも薬物はあります。しかも思春期の子供達の周辺にまで来ています。

アメリカ社会全体がもっと真剣に薬物を追放しようとすることと、もう少しきめ細かい社会になることの両方がないとこの状況から抜け出すのは容易ではないと思います。
スポンサーサイト
  1. 2014/08/02(土) 07:59:51|
  2. アメリカ暮らし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:17
<<旅行2 | ホーム | 薬物事情1>>

コメント

Re: 関東対関西

ウナさん、

 仰りたいことだいたい分かりました(笑)
東京の地理には暗いのですが、なんとなく了解です(笑)
いつもありがとうございます。
  1. 2014/08/27(水) 11:48:23 |
  2. URL |
  3. MK #-
  4. [ 編集 ]

>碧色珊瑚さん

碧色珊瑚さん、

 こんばんわ。

> 日本の小学校や中学校では、
> 考えられない様なお話ですよね・・・
でしょ。最初は驚きましたよ。
この国にはとんでもない現実があるんだという感じがしました。


> 当たり前になってしまうと、
> なかなか、抜け出すのが難しいですよね
そこですよね。みんな慣れっこなんですよ。
でもこんなのおかしいんですよ。


> 結局、周りを変える事は難しいから、
> せめて自分の家族だけでも、
> 薬物から守るように気をつける
>
> という事しか、自分には出来ないかも知れません・・・
うちもそう考えています。それ以上は難しいと思います。


> 高校のとき、
> 同級生の男の子が、
> タバコを学校に持ってきて、
> 停学になった事を思い出しました(苦笑)
うちの高校では日常茶飯事でした。
夜通し友達の家で酒盛りして赤い顔して登校したこともありました。
かわいいもんですね(笑)
  1. 2014/08/06(水) 09:13:55 |
  2. URL |
  3. MK #-
  4. [ 編集 ]

>hippoponnさん

hippoponnさん、

 日本の37℃はシャレになっていないですよ。
気温が体温を超えると風が吹いても熱風ですよね。
そういうときは気をつけて下さい。

> 薬物が子供の周りにあると言う事はすごく大変な状況ですね。
> ストレスが多い、閉塞感のある社会。
> 日本だって、御酒や、たばこににげるこはいるけれども、
> 同じ位の気安さに薬物があると言うのは、誘惑がつよいですね。
これって日本だともっと大きなことになりますよね。
でもここらじゃニュースにもならないんです。
これは社会全体が薬物に対して甘いからだと思いますよ。
子供に薬物はいけませんよと教えている大人自体の意識がユルユルだからこういうことになるんだと思います。

酒タバコなみの薬物というのは潜在的に非常に危険だと思います。
まして子供がはまるとよけい大変でしょうから。

知り合いの姉妹が若いころからヤク中で刑務所と社会を行ったり来たりしてました。
その知り合いは、薬やめろ、とは言ってるものの言ってるだけという感じでした。
これ以上社会状況が悪くなるともっと増えて、社会不安の要因になると思います。
日本では増えてほしくないです。


> 中高生のシンナー中毒の話はこのところききませんが、
> 世相がかわったからなのでしょうか?
私たちが中高生のころはシンナー多かったですよ。
吸ったことあるというのはときどきいましたが、中毒になったようなのはほとんどいなかったです。
最近の子は吸わないんですか(私も吸いませんが)。
  1. 2014/08/06(水) 09:09:47 |
  2. URL |
  3. MK #-
  4. [ 編集 ]

Re: こんばんは

imagicaさん、

コメントありがとうございます。
> 凄い話です。ニュースで聞く、高校銃乱射事件の下地はこうやって小さいうちから作られるのですね
そう思います。
なにせ職場での安全講習会(火事や事故のの時の避難などの話しが多い)で銃器を持った変なやつが来たらどう対応するか、という話しを聞いたこともあります。子供達も学校で同じような話しを聞きました。

>軍産複合体も怖い・・アメリッカ!
このビジネスは歯止めが利かないのでよくないですよ。
  1. 2014/08/06(水) 08:57:34 |
  2. URL |
  3. MK #-
  4. [ 編集 ]

>すいかたべさん

すいかたべさん、
 コメントありがとうございます。
日本とはかなり状況がちがいます。
成人して自己責任でやるのと子供が入り込むのはちがいますよね。
学校でも頻繁にロッカーの検査をしているそうですが、持ち込む子がいるそうです。
社会全体の意識が高くならない限り状況は良くならないです。
  1. 2014/08/06(水) 08:53:08 |
  2. URL |
  3. MK #-
  4. [ 編集 ]

>ヌマエビさん

ヌマエビさん、

 でしょ、学校ですからね。日本だと大騒ぎですよ。
社会全体の薬物に対するハードルが低いというのが大きな問題ですね。
  1. 2014/08/06(水) 08:49:28 |
  2. URL |
  3. MK #-
  4. [ 編集 ]

>はなちんさん

はなちんさん、

 銃と薬物は身近にありますね。
学校でいくら教育してもこんなことではよくないですよ。

> 優等生にとっては逃げ道としてのマリファナ、“必要悪”になるのでしょうか?
それはやっぱりダメでしょ。多くの人は常習はしないですから理由にかかわらずいけないと思います。

> アメリカは経済的には世界の中心で、ハリウッドなどに代表される華やかな表舞台も目を引きますが>裏舞台は暗いところも多そうですね。
私が知っている世界なんてほんの一部分です、それでも暗部が見えますから。
日本の裏というのとは社会病理の深さがちがうように思います。


>ママに歌を指定してもらうことにしました。
で、ママをギャフンと言わせると(笑)
この「ギャフン」期待してるんですよ(笑)
  1. 2014/08/06(水) 08:47:33 |
  2. URL |
  3. MK #-
  4. [ 編集 ]

鍵コメントさま

コメントありがとうございます。
なるほどセットということですか。
合理的ですね。

消毒なしというのはかなりまずいですよ。
そちらの情報に注目するようにします。
ありがとうございます。
  1. 2014/08/06(水) 08:41:11 |
  2. URL |
  3. MK #-
  4. [ 編集 ]

>松ハゲさん

松ハゲさん、

 コメントありがとうございます。
やはり薬物の身近さというとアメリカの方が圧倒的に身近ですね。
日本で薬物が手に入る場所というのを聞いたことがありますが、本当だかウソだかよくわからないような噂の域を出ない話しでした。
ここらで聞く話しは、具体的でさもありなんという感じです。シアトル市内でドラッグの売買をしていた(たぶん今も)場所は今でもわかります。

> 私もハワイで現地の子供に「ハッパある」と大麻を勧めれれたことがあります。ハワイでもこんなこ
表通り歩いてるとおかしな兄ちゃんが声かけてきますよね。
  1. 2014/08/06(水) 08:38:02 |
  2. URL |
  3. MK #-
  4. [ 編集 ]

>ころさん

そちらのメールご確認下さい。
  1. 2014/08/06(水) 08:27:59 |
  2. URL |
  3. MK #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは^^

日本の小学校や中学校では、
考えられない様なお話ですよね・・・

その状態が、日常になってしまっているというのが、
とても歯がゆいと言いますか、

当たり前になってしまうと、
なかなか、抜け出すのが難しいですよね

結局、周りを変える事は難しいから、
せめて自分の家族だけでも、
薬物から守るように気をつける

という事しか、自分には出来ないかも知れません・・・

高校のとき、
同級生の男の子が、
タバコを学校に持ってきて、
停学になった事を思い出しました(苦笑)
  1. 2014/08/06(水) 01:11:26 |
  2. URL |
  3. 碧色珊瑚 #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは、

気温が体温より高い日中のお出掛けで、水分を持ってたのですが、調子悪くなりました。
37度あったそうでした。
昨日も外出、参りました、
こんな時間に、ちょこちょこ眠っては書いてます。
この夏は異常に暑いです。すいません、
もうろうとしてスイッチが違う方向でした。

薬物が子供の周りにあると言う事はすごく大変な状況ですね。
ストレスが多い、閉塞感のある社会。
日本だって、御酒や、たばこににげるこはいるけれども、
同じ位の気安さに薬物があると言うのは、誘惑がつよいですね。

中高生のシンナー中毒の話はこのところききませんが、
世相がかわったからなのでしょうか?



  1. 2014/08/04(月) 03:52:35 |
  2. URL |
  3. hippoponn #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは

凄い話です。ニュースで聞く、高校銃乱射事件の下地はこうやって小さいうちから作られるのですね・・。にしても、・・日常的に、銃・薬物・マリファナがある国・・日常も怖いが、軍産複合体も怖い・・アメリッカ!
  1. 2014/08/04(月) 00:48:12 |
  2. URL |
  3. imagica #-
  4. [ 編集 ]

アメリカの薬物事情、怖いですね!
学校にまでですか。
子どもたちが巻き込まれるのは胸が痛みます。
  1. 2014/08/03(日) 22:40:10 |
  2. URL |
  3. すいかたべ #-
  4. [ 編集 ]

凄いですね。学校に薬物とは。日本では考えられないことですね。
MKさんの記事を読ませて頂くと、普段知ることの出来ないアメリカのことを知ることが出来て勉強になります。
  1. 2014/08/03(日) 18:07:47 |
  2. URL |
  3. ヌマエビ #-
  4. [ 編集 ]

脱法ドラッグ改め危険ドラッグwwwも流行っている?日本国内ですが、アメリカでは小さい頃から身の回りにある状況ですか。。。

優等生にとっては逃げ道としてのマリファナ、“必要悪”になるのでしょうか?

アメリカは経済的には世界の中心で、ハリウッドなどに代表される華やかな表舞台も目を引きますが、裏舞台は暗いところも多そうですね。

別件カラオケの件ですが、一曲超得意な歌がありまして、、、
どこのカラオケでもだいたい95点は超えるのですが、これを歌っちゃつまらんということで、ママに歌を指定してもらうことにしました。
中国人をカラオケでギャフンと言わせるのを目標にしてますので、もちろん中国語曲を選んでもらいました。
次回訪問までに勉強です。





  1. 2014/08/03(日) 10:54:46 |
  2. URL |
  3. はなちん #-
  4. [ 編集 ]

日本も最近、芸能人の覚醒剤の使用や、危険ハーブなどの使用で事故を起こすことが問題になっていますが、アメリカからすればたいしたことがないですね。

芸能人もアメリカに訪れた際に薬物を使用してからやめられなくなったそうです。

私もハワイで現地の子供に「ハッパある」と大麻を勧めれれたことがあります。ハワイでもこんなことがあるのかと驚きました。
  1. 2014/08/03(日) 00:11:36 |
  2. URL |
  3. 松ハゲ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://miodoaniline.blog.fc2.com/tb.php/358-6e6f9016
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。