備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

旅行5

Yellowstoneにはいろいろな、温泉?があって間欠泉の他にもいろいろと見所がある。本気で回るなら公園内に宿泊して(宿泊施設、キャンプスペースともに当時は全ていっぱい)一週間くらいかけるのがよさそうに思う。

初日は間欠泉とその周辺を一回りしてそろそろ夕方。次の日は少し先にあるGrand Prismatic Springへ。
まずは写真。
GPri0.jpg
これは上からの写真で、よくあるやつ。ブルーやオレンジがきれいな温泉。

ここに最初は南側の駐車場から歩いていった。次の写真2枚連続。
GPri1.jpg
横から見ると湯気が水色に見える

GPri2.jpg
こっちの湯気はオレンジに見える。
湯がに色が付くっていうのはちょっと信じられない。

嫁は、湯気が青い、あっちはオレンジだとしきりに驚いていたけれど性格の悪い私は内心、毒ガス工場でもあるまいしそんなことあるわけないやろと色の見える理由を考えていた。

GPri4.jpg
で近くまで行くと湯気はタダの湯気、色はない。やっぱりな(笑)

このトリックは温泉と周りの空気の温度差により光の屈折率に違いができるために遠くから見ると本来は見えないような角度からの光(この場合は温泉の色)が見えたという蜃気楼の一種だと思う)。

GPri3.jpg
これが温泉の全景写真を撮った「高い所」。ちょっとピンぼけですがここは火山灰のような砂山で傾斜がそこそこある。見た目以上にズルズルト滑るので登りにくい。

このいろいろな色は微生物の色でブルー、オレンジ、緑っぽい色、黒、乳白色などいろいろなものがあるとのことだった。

オレンジは鉄分かと思って解説をやっていたパークレンジャーに尋ねたらシアノバクテリアという微生物の仲間だということだった。

狭いエリアで水の温度とpHの組み合わせがいろいろあるのでそれぞれの場所に合った微生物が棲んでいておもしろい景色を作っているそうだ。

自慢げに話してくれたのは「(実験室で)DNAの複製を作るときに使われるTaqという酵素ここのバクテリアから発見されたんだ」と。

世の中には煮えたお湯の中が居心地の良い変な細菌もいる。こういうことを知ると生命の多様性は人間の想像よりも随分広いもんだと思う。
つづく
スポンサーサイト
  1. 2014/08/13(水) 08:37:49|
  2. 自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:19
<<旅行6 | ホーム | 感染症でもう一つ>>

コメント

>鍵コメントさん

コメントありがとうございます。
そういっていただけるととても嬉しいです。
  1. 2014/08/15(金) 11:53:42 |
  2. URL |
  3. MK #-
  4. [ 編集 ]

>M.I.Fさん

M.I.Fさん、

 突っ込んだコメントありがとうございます。
 地球の環境はもともといまの私たちから見るとかなり厳しかったでしょ(まあ誰も見てないんですが)。
遺伝的には古細菌と呼ばれるグループが系統的にはかなり早い時期から別グループですね。
「高熱菌類」と総称されるグループは複数の枝にまたがっているでしょ。
だから古細菌のような最初期の細菌から進化したんじゃないんでしょうかね?
まあなんといってもとんでもない極限環境下で生き残った生物なんです。

> なので、もしかすると、20度前後が快適と思っている生命の方が後輩かもしれませんねw
まちがいなくそうですね(笑)

私たちは塩湖でも高温の水の中でも硫化水素の中でも生きられませんからねえ。
長い時間の間に複雑化しつつユルユルの環境に適応してきたんでしょうね。

高度高熱菌の持つタンパク質と常温で生活する生物の持つそのホモログは思いのほか似ています。
卵がすぐに茹だってしまう温度でも、い~い湯だな~と感じる高度な熱耐性を持ったタンパクでは配列から構造まで大きく違うような気がしますが、実はそうでもないそうです。

高温環境下だと、例えば私たちの体だと、HSP自体の熱耐性の問題も出てきますよね。
極限環境下に住む生物のなにかを調べるときに通常の実験室条件で調べると、本当の姿を見ていない可能性がありますね。でも90℃で何かの実験をするのは不可能な場合が多いですからね。

塩湖に住む細菌の持つタンパク質の中には塩濃度によって劇的に性質の変わるものがあります。高熱菌の持つタンパクも調べる温度によって見ているものが違うんじゃないかと思います。温度依存性の大きな酵素は温度依存的に無視できないレベルの構造変化をしているのではないでしょうかねえ?
  1. 2014/08/14(木) 11:05:51 |
  2. URL |
  3. MK #-
  4. [ 編集 ]

Re: ブルーはいい

ウナさん、

 その硫化水素の事故、聞いたことがあります。
かなり古かったと思います。

Yellowstoneも臭うかなと思っていましたが硫化水素の臭いはありませんでした。
遊歩道を歩きながら子供達は「なんで温泉卵とかやらんのやろか。やったら儲かるのに」と言ってました。
アメリカ人はよきに付け悪しきに付けそういうアイディアが少ないです。

飛行機で最寄りの街まで行けますので、是非お越し下さい。
お供させていただきます。
  1. 2014/08/14(木) 10:42:30 |
  2. URL |
  3. MK #-
  4. [ 編集 ]

>hippoponさん

hippoponさん、
 
ここまで色が鮮やかだと見ていても、現実かな?という感じがしました。

> 顕微鏡もって行ったらおもしろいかもしれないですね。
私もそう思いました。
水についた微生物をつまんで持って帰ろうかと思ったのですがパークレンジャーが目を光らせていたのでやめました。かわりに少し大きめの解説書にしました。
  1. 2014/08/14(木) 10:36:44 |
  2. URL |
  3. MK #-
  4. [ 編集 ]

好熱菌は、生命が誕生した際、最初に居た細菌の仲間と言われています。
なので、もしかすると、20度前後が快適と思っている生命の方が後輩かもしれませんねw

適応の仕方はたしか、HSPという熱ショックタンパク質というものを持っていて、温度上昇に伴うタンパクの変性を起こりにくく?起こってもすぐ直せるようにしているのだと思います(授業で習った程度の知識ですが)
  1. 2014/08/14(木) 10:34:13 |
  2. URL |
  3. M.I.F #AE82lOaM
  4. [ 編集 ]

>碧色珊瑚さん

碧色珊瑚さん、

 おかえりなさい。そちらのご旅行は豪華そのもので私には別世界のようです。

あのブルーって深いから色がはっきり見えるみたいです。
透明なので浅そうに見えますがよく見るとかなり深かったです。
あちらではあの色をturquoise blue(トルコ石の青)と呼んでいました。

> 毒ガス ではなく、微生物 なんですね。。。(笑)
そうです、微生物です(笑)
  1. 2014/08/14(木) 10:32:47 |
  2. URL |
  3. MK #-
  4. [ 編集 ]

>TORUさん

TORUさん、

 ああいう所にいるバクテリアって日本にもいるらしいです。おもしろいこと言う人がいて、温泉に行って塩の付いている所でサビがついたようなところはそれがバクテリアだったりするんで調べるとおもしろいですと。

シアトルにいたころは市内をウロウロするだけでも十分楽しめたので遠出は少なかったです。
オレゴンでも状況は近いと思います。
いい所に住むと遠出しないんですよ(笑)
Yellowstoneは最寄りのJacksonに空港があるので日本から行く方が楽かもしれないですよ。
  1. 2014/08/14(木) 10:28:09 |
  2. URL |
  3. MK #-
  4. [ 編集 ]

Re: 入れるのかなぁ?

kaionさん、

 コメントありがとうございます。
温度はかなり高いです。ボコボコとまでではありませんでしたが熱さがよくわかりました。

> ここは入浴禁止なのかなぁ。
ここは遊歩道以外への立ち入りは一切禁止になっています。
宿泊施設にお湯でも引けばいいのにと思いました。
人のはいる温泉にはなっていませんでした。
  1. 2014/08/14(木) 10:23:49 |
  2. URL |
  3. MK #-
  4. [ 編集 ]

>ひねくれくうみんさん

ひねくれくうみんさん、

 コメントありがとうございます。
Yellowstoneでは入浴できません。別のところで温泉のある所があります。

>  ニュージーランドに行ったときは、水着着て入りました。
アメリカでは行ったことがありませんが、水着を着ると聞きました。
  1. 2014/08/14(木) 08:57:06 |
  2. URL |
  3. MK #-
  4. [ 編集 ]

Re: こんにちは

うさぎ屋さん、

 最初行ったときは呆気ににとられました。温泉とはいっても「あたたかい泉」という印象です。
 飛行機で近い所までいけますので是非挑戦して下さい。
その時はガイドさせていただきますので。
  1. 2014/08/14(木) 08:51:55 |
  2. URL |
  3. MK #-
  4. [ 編集 ]

>M.I.Fさん

M.I.Fさん、

 高度高熱菌というのは不思議な生き物ですよね。どういう工夫で環境に適応できたんでしょうかねえ。
考えると興味は尽きないですよ。是非解明して下さい。
  1. 2014/08/14(木) 08:46:43 |
  2. URL |
  3. MK #-
  4. [ 編集 ]

ブルーはいい

頻繁に滑ったコースに
草津温泉スキー場の
ゴンドラ下『振子沢』がありました
ここは実に恐ろしい場所だと知ったのは
三年ほどしてからでした
硫化水素ガスの発生で死人が出たのです
硫黄は『臭い』のです
温泉卵は美味しいし温泉も好きですが
何事も裏には
危険が潜んでいるのかも知れません
それにしても綺麗でした
羨ましい
  1. 2014/08/14(木) 08:00:43 |
  2. URL |
  3. ウナ #-
  4. [ 編集 ]

幻想的な風景ですね。
顕微鏡もって行ったらおもしろいかもしれないですね。
スケールに感動です。

  1. 2014/08/14(木) 03:59:26 |
  2. URL |
  3. hippopon #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは^^
帰って参りました〜

凄く奇麗なブルーですね!
とても好きな色です^^
ベランダのお花などをいじっていると、
いつも思うのですが、
自然の作り出す色彩や形って、
本当に美しいなぁって思います。
人工的に、絵の具とかをいくら混ぜて近づけようと思っても、
自然の色には勝てません。。。

毒ガス ではなく、微生物 なんですね。。。(笑)
  1. 2014/08/13(水) 23:12:26 |
  2. URL |
  3. 碧色珊瑚 #-
  4. [ 編集 ]

ああいう、酷い(人間から見たら、だけの話です)環境に適応してるんですから微生物、恐るべしです。ああいってみたい。アメリカに5年もいたのに行かなかった、、、です。
  1. 2014/08/13(水) 22:09:47 |
  2. URL |
  3. TORU #-
  4. [ 編集 ]

入れるのかなぁ?

こんにちわ。

綺麗な所ですね。
温泉の湯気がかなり出ていますが結構高温なのかなぁ?
日本だったら普通に入ることろですが…
ここは入浴禁止なのかなぁ。
  1. 2014/08/13(水) 13:14:59 |
  2. URL |
  3. kaion #-
  4. [ 編集 ]

 こんにちは。温泉はそちらでは入浴できるのでしょうか?
 ニュージーランドに行ったときは、水着着て入りました。

 アメリカの田舎、素敵な所ですね。
  1. 2014/08/13(水) 12:32:43 |
  2. URL |
  3. ひねくれくうみん #CHU9Pd.s
  4. [ 編集 ]

こんにちは

ゥワォーーッ!
私は温泉大好き人間ですが、われらの情緒としての温泉とはスケールが違いますね。
泉質は?効能は?そこには何か美味しいものは?宿泊施設は?と聞けません。
まさに地球の地肌を見る思いがいたします。私の感覚では地球のマチエールですね。

MKさんとお友達でよかった、こんな写真が見れて。
  1. 2014/08/13(水) 10:55:07 |
  2. URL |
  3. うさぎ屋 #-
  4. [ 編集 ]

写真を見るだけでもめっちゃテンションが上がります!
そして、微生物だけではなく生物学・生命科学にとって聖地的なところですよね。Taqがないと遺伝子を効率的、簡便に増やせないですし、それがなかったら、今ほどの遺伝子解析技術は発展していなかったかも・・・と思うと発見者はほんま偉大です。
  1. 2014/08/13(水) 10:40:19 |
  2. URL |
  3. M.I.F #AE82lOaM
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://miodoaniline.blog.fc2.com/tb.php/364-8b8e5300
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。