備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

銃禍(臨時)

きょうはこの前の旅行の続きでも書きたいと思っていたのに、とんでもないニュース。

ニュースでご存じの方もあると思いますが。アリゾナ州の射撃場で軽機関銃を撃った9才の女の子がそこの職員を射殺してしまった。射撃場の類はこの近所にもあるしアメリカでは銃を撃つ機会はいくらでもある。

この射撃場で小さな女の子が撃ったのはUziという軽機関銃。連射したら反動で制御が利かなくなって教官の頭を撃ってしまった、と。ビデオで単射の時でも反動で上に上がっているのが分かるのに・・・

機関銃(自動小銃)をフルオートマチックで撃つと姿勢の制御が難しいなんてことは、ゲームしか知らない小学生の息子でも知っていること。

このニュースを見たときに登校前の息子が「Uzi?撃ったん?」「そう」「あれオートで撃つと上にあがるねんで、(PCの)ゲームでやったことある」。

子供がある程度の年になると銃について教育するというのはこの国では普通にあること。でもどうして短機関銃撃つの?護身のためなら拳銃でいいでしょ?親も頭大丈夫か?

この施設は8才の子供でも撃つことができるとのこと。ほかにこの件についての意見を調べたところ短機関銃を撃たせるのは危ないという意見がいくつもあった(見た限りでは)。撃たれた指導員も軍歴があるので銃の扱いには慣れている。指導員が横に立つのはよくないと言う専門家のコメントもあった。

この銃ではないが軍で使う自動小銃をフルオートマチックで撃つと射線が上がるので狙いにくいと軍歴の長い屈強な人が言ってた。この指導員は9才の華奢な女の子の腕力を想像できなかったために亡くなった。想像力の著しい欠如なのか?

この国ではとんでもない強力な火器を普通に買うことができる。テレビ番組でそういうのを煽るクズ番組がある。実際にはこんなのは序の口でもっとひどい番組もある。射撃ではなく砲撃に近いのまで。

テレビで若い女の子(20代前半くらい)がライフルを撃ってその反動で後ろに転けたのを見たことがある。大人の女性が銃を肩に固定して撃ってもその反動。

22口径のライフルだと撃った気がしないくらいに反動は軽い。38口径だとはっきりと反動が来る。息子は肩に赤く跡が残った。短機関銃?そんなもの撃ったことがないので分からない。

9才の女の子に機関銃の連射をさせるなんていうのは娯楽でも教育でもなんでもない、単なるバカヤロウ。娘を人殺しにしてしかもそのビデオを公開するというバカ親、大馬鹿者。

このビデオはショッキングビデオとして永久にインターネット上をさまよう。しばらくするとこの子の名前も漏れる、名前もセットになって永久に消えない。なんという浅慮な親か。

アメリカにはこのように銃器が危険だということを忘れた人がいる。死人にむち打つつもりはないけれどこの事件は起こるべくして起こったという感じがしてならない。亡くなった人のご家族は気の毒だと思う。でもほとぼりが冷めたらまたこんな事件が起こると思う。

銃が売れて儲かるのでケッコウケッコウというのはライフル協会。こういうのが巣食っている国の将来は暗い。地続きのカナダでは銃は所持できない。国境といってもチェックはユルユル。その向こうではスーパーでライフルが買える。

刀狩りもできない国、武器産業が儲かれば国民の安全は二の次という国。いつもながら嫌になる事件です。

追加:up後の追加、その後メキシコ人の友達に尋ねたところメキシコでも銃所持には日本と同じように手続きが必要とのこと。手続きは面倒だということで持っている人(の多く)は不法所持だと(マフィアなど)。彼女も「アメリカの「護身用」という考えには一定の理解はできるものの、機関銃なんて論外だ」と。「みんな銃に対するリアリティーがなくなってどんどん強力なものへとエスカレートしている、こうも簡単に銃が手に入ると、例えば酔っぱらいが持てば危険な凶器になる」とも。(JST5:25)
スポンサーサイト
  1. 2014/08/30(土) 05:26:18|
  2. アメリカ暮らし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14
<<ええもの | ホーム | 疑問?>>

コメント

>碧色珊瑚さん

碧色珊瑚さん、こんにちは

それは一つの経験でいいと思いますよ(笑)
多かれ少なかれ男の子が興味を持つところですよ。
旅行でというのはよく聞きますよ。

うちの子供達もものすごく関心があります。
そういうのは案外男女間で感じ方が違うのかもしれませんね。
  1. 2014/09/03(水) 06:17:32 |
  2. URL |
  3. MK #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは^^

主人が、会社の出張でアメリカに行った時に、
会社の上司に連れられて、
銃を撃ちに行ったみたいです。

何事も経験かも知れませんが、

観光気分でそんなことして、
何が面白いのかな・・・

って、思いました・・・・・
  1. 2014/09/03(水) 03:30:56 |
  2. URL |
  3. 碧色珊瑚 #-
  4. [ 編集 ]

>さくらこさん

さくらこさん、おはようございます

 ちょっとむちゃくちゃな話でしょ。
この国は根本的な所で何か間違っています。
ニュースにならない事故なんてどれくらいあるかわからないです。
日本はこういう部分でアメリカの後追いをせずに安全な社会を守って欲しいです。
  1. 2014/08/31(日) 21:07:12 |
  2. URL |
  3. MK #-
  4. [ 編集 ]

ちょうど このニュースを見ていました。
アメリカでまた子供による銃の悲惨なニュース。
しかも子供が機関銃を試し打ちできるなんて改めて驚きです。
治安のいい日本では感覚が湧きませんが
護身用で銃を携帯している、銃社会。ほんと怖いですね。

  1. 2014/08/31(日) 17:58:23 |
  2. URL |
  3. さくらこ #WstX4HDY
  4. [ 編集 ]

Re: こんにちはー

☆バーソ☆さん、


> 拳銃一丁でもあれば、女・子供でも大男の悪漢に立ち向かえるので、
> 銃は自由と安全を守る必要品なのだ―――。
はい、こういうことがまことしやかに言われています。
わたしは基本的にアメリカ社会は性悪説で成り立っていると思っています。
もちろん、拳銃一丁あれば身を守れるときがあります。
昨年テキサスの南の方で赤ん坊のいる若い女性の家に拳銃を持った強盗が押し入ろうとして911に電話して助けを求めたところ、オペレーターが「赤ちゃんの安全を守るためにできるだけのことをしなさい」と言い、ドアを蹴破った犯人を射殺した事件がありました。もちろん訴追されませんでした。
こういう可能性を否定するものではありませんが、刀狩りと同時に教育の質も向上させながら丸腰でも治安維持できる社会を目指すのがよいと思っています。


> これは逆に、いかに日本の治安がいいかを思わされる話ですが、
それはまちがいないですよね。

> 9歳の女の子に機関銃を習わせるのは、精神が病んでる証拠でしょう。
もうこの子の親だと射撃じゃなく破壊ですね。いくら施設が許可してもこんな小さな女の子に機関銃を撃たせようと考える時点で感覚が麻痺してますよね。

あとで知りましたが、その施設では5才の子供から射撃ができるそうです。その施設も感覚が麻痺していたんです。事故は必然だったと思います。
  1. 2014/08/31(日) 11:40:39 |
  2. URL |
  3. MK #-
  4. [ 編集 ]

>ころさん

ころさん、

> 9歳の女の子に機関銃、狂気の沙汰としか思えません。
> これがアメリカの現実なのですね。
このケースは特殊なケースではありますが、正気の沙汰だとは思えません。
子供の親も、小さな子供に大きな銃を触らせる射撃場も、どこか壊れています。

> 自由な銃社会、怖いです。
> なぜ銃の撲滅ができないのでしょうか、不思議でなりません。
大きな力としてはライフル協会という巨大な圧力団体です。
彼らはロビー活動(お金で)かなりの数の議席を自由にできると豪語しています。
大統領が本気で銃所持禁止を打ち出せばまずはスキャンダル攻勢、それでダメなら実弾でしょうね。
だから何度も悲惨な事件が起こっても、どの大統領も真剣に銃器の排除については考えません。
私たちは幸いそういう危険を経験したことがありませんが、hold upを経験した人、コンビニで働いていて強盗に撃たれた人が知り合いにいます。
  1. 2014/08/31(日) 10:53:49 |
  2. URL |
  3. MK #-
  4. [ 編集 ]

>M.I.Fさん

M.I.Fさん、

 あれむちゃくちゃでしょ。テレビで見たことがあるのは機関銃ならぬ機関砲のようなのを撃ってるのもありました。

あそこまで来ると、的を狙って射撃するとかではなくむちゃくちゃに破壊しているだけです。
軍人崩れのようなおやじがやってる番組あるんですよ。
またこちらへ来られたら見て下さい。

> 「銃器が危険だということを忘れた人がいる」ほんとうに、これに尽きると思います。
ほんとそうなんですよ。

> 日本では、銃器ではないにしろ、「車」を「高速で走る鉄の塊」ということを忘れた人がいるなぁとふと思ってました。
慣れっこになるとその危険についても曖昧になるんでしょうね。
日本では報道されない子供の誤射による事故は今年になって何度か聞きました。私がフォローできている情報なんてほんの少しなので実際にはかなり事故が起こっているはずです。

何年か前にここの州議会が教育機関(学校)にも護身用の拳銃の持ち込みを可能にする法案を提出しました。この市内でも騒ぎになり地元選出議員にメールや電話攻勢をかけて否決させました。

でもその次の年には拳銃をむき出しで携帯できる法案が可決されました。それまでは携帯するにはconcealed licenseといって、かくして携帯できる許可がありました。それが隠さなくてもよくなりました。

西部劇のように腰の拳銃ぶら下げて、というのが合法です。抜き身で持つことの合理性やメリットが理解できません。あれから3年近く経ちましたが、幸いぶら下げてるのは見たことがありません。

民度の低さというのか、火器に対する摩滅した感性とでもいうのですか、困ったものですよ。アメリカにお越しの際はお仕事以外にこういうことも観察してみて下さい。
  1. 2014/08/31(日) 10:47:57 |
  2. URL |
  3. MK #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

TORUさん、

 こちらで長く生活される間には合理的なシステムに感心されることがあったと思います。
私も日本では、煩雑だろうな、と思うようなことがシステムに乗って簡単に進むということを経験しました。
うまくできてるな、と思うことしばしばです。

銃については矛盾していますね。

>ライフル協会の幹部は自分の子供たちが撃ち殺されたら、
>身を守れなかった自分たちの子供たちの能力のなさを嘆くのでしょうか。
これは是非聞いてみたいものですね。


>銃に対して、ほんの少しの想像力を働かせれば、考えることができるだろうに。
アメリカ人の欠如しているのは、ここですよね。
なんで気がつかないかな?と思うことが多い社会です。
気が利かないというのか・・・
こちらでお仕事されていて何度もお感じにたっと思います(笑)

>憲法で認められた身を守る権利をいうのであれば、
>だれにも持たせない方法を考える社会を作る、
>という創造力が求められると思います。
そうですよね。両隣のカナダもメキシコもその路線ですからね。
ご存じのとおり多くの善良無知な市民は、こんなもんなんだ、と思いこまされていますよ。

アメリカ人は自己主張をしているようで、自分勝手な主張か何処かで吹き込まれた話しを言ってるのが多いと思いますね。

  1. 2014/08/31(日) 10:35:12 |
  2. URL |
  3. MK #-
  4. [ 編集 ]

こんにちはー

銃規制ができないのは、全米ライフル協会という圧力団体があり、
政治家連中が彼らの票を欲しいからだと思ってましたが、
こういう意見もあるようですね。
アメリカの犯罪者はマッチョで凶悪で機関銃さえ持っているが、
拳銃一丁でもあれば、女・子供でも大男の悪漢に立ち向かえるので、
銃は自由と安全を守る必要品なのだ―――。
これは逆に、いかに日本の治安がいいかを思わされる話ですが、
9歳の女の子に機関銃を習わせるのは、精神が病んでる証拠でしょう。
  1. 2014/08/30(土) 15:14:40 |
  2. URL |
  3. ☆バーソ☆ #IGPPA7yY
  4. [ 編集 ]

9歳の女の子に機関銃、狂気の沙汰としか思えません。
これがアメリカの現実なのですね。
自由な銃社会、怖いです。
なぜ銃の撲滅ができないのでしょうか、不思議でなりません。
  1. 2014/08/30(土) 14:42:56 |
  2. URL |
  3. ころ #JBFGtPPo
  4. [ 編集 ]

ガトリングガンの動画見ましたが、「ふぅ~」といってハイタッチ?しようとしたところで見るのをやめました。こんな一般人が戦争の道具で遊んでいるかのような番組・・・胸●ソ悪いですね、これ・・・。

「銃器が危険だということを忘れた人がいる」ほんとうに、これに尽きると思います。
日本では、銃器ではないにしろ、「車」を「高速で走る鉄の塊」ということを忘れた人がいるなぁとふと思ってました。
  1. 2014/08/30(土) 12:52:46 |
  2. URL |
  3. M.I.F #AE82lOaM
  4. [ 編集 ]

米国は合理的な部分がたくさんあるにもかかわらず、銃だけはまったくもって合理的ではありませんね。ライフル協会の幹部は自分の子供たちが撃ち殺されたら、身を守れなかった自分たちの子供たちの能力のなさを嘆くのでしょうか。銃に対して、ほんの少しの想像力を働かせれば、考えることができるだろうに。憲法で認められた身を守る権利をいうのであれば、だれにも持たせない方法を考える社会を作る、という創造力が求められると思います。
  1. 2014/08/30(土) 11:04:57 |
  2. URL |
  3. TORU #-
  4. [ 編集 ]

Re: 火薬庫で喫煙

愛新覚羅さん、こんにちわ

 この事件に対するこの周りの反応は結構冷ややかです。
正直なところ周りの人も同じようなことを考えてるんだと思い、少しホッとしました。
まあいくらなんでもありゃやりすぎだろう、という感じです。

あの射撃サイトはああいう大きな火器を撃てるというのが売りのようです。

あの子供さんはこれからの長い人生、この事件で大きく流れが変わったんじゃないでしょうか。

長男の学校で2年前にあった拳銃自殺は親が保管庫を施錠していなかったため起こりました。
銃器、薬物の管理の杜撰な家庭というのはあるようです。

孫に誕生日プレゼントにと拳銃を渡した人もいます。
きちんとした家庭の子供さんは銃や、薬物についても家庭がきちんとしています。
子供は親を選べないですからね。

> アメリカは銃器も買えるし、ドラックも買える。
> 火薬庫で喫煙するくらい危険ですね。
仰るとおりですね。
現在の危険度も将来のさらなる危険度も高いと思います。
  1. 2014/08/30(土) 09:20:15 |
  2. URL |
  3. MK #-
  4. [ 編集 ]

火薬庫で喫煙

MK様
おはよう御座います。

今回の事故は痛ましいですね。亡くなった方は勿論ですが
誤射してしまった女の子も気の毒です。
アメリカは銃器も買えるし、ドラックも買える。
火薬庫で喫煙するくらい危険ですね。

愛新覚羅
  1. 2014/08/30(土) 08:29:26 |
  2. URL |
  3. aishinkakura #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://miodoaniline.blog.fc2.com/tb.php/379-e3602933
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。