備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

廃校

最近になって私の卒業した高校の廃校が決定された。
在学した当時から底辺校で訳の分からない連中もたくさんいた。
おもしろい話しはいくらでもあるけれどほとんどはとても書けるものじゃない。
当たり障りのなさそうなものを一つだけ。

他校生か?高校に行ってなかった連中?がよく学校の周りを挑発的にバイクで走りまわった。
それに反応してしまう生徒たち(もちろん私も含む)。

挑発に来るのはいつも授業中と決まっていた。
こちらが自由な時間に来れば袋だたきにされることくらいはいくら阿呆とはいえ理解していた
でも阿呆の中にも上級阿呆がいる、放課後に挑発に来た。
折角の客さまに失礼のないよう急いで下級生たちがお出迎えに行った。

お客さんたちは多勢に無勢で分が悪いということ「だけ」は理解できたらしく、おとなしく引き下がった・・・

そんなわけない。
そこでおとなしく引き下がっていては不良少年としての沽券に関わる?不良としての信用をなくして不良高校生としての活動ができなくなる?どちらにせよ上級阿呆の考えることは想像もつかない。

「これから仲間呼んでくるからなあ、おまえら逃げんなよ~っ、逃げんと待っとけよ~っ」と啖呵を切って一旦引き上げた。
ほどなく勇気ある正直者たちは約束通り仲間を連れて戻ってきた。と言っても10人もいなかった。

こちらは急遽増員して30人くらいで熱烈歓迎。
お客さんたちは後輩たちに袋だたきにされた。
大切な商売道具のバイクまで壊された。

彼らが「暴走族が10人も来ると恐れをなして逃げていく」と思っていたのであればそれは勘違いも甚だしい

当時はいまほど警官の暴力にやかましくなかった時代。
週末の暴走検問となると機動隊も派手にやっていた。
稽古熱心な連中は土曜の夜になると木刀や鉄パイプを持って屈強な機動隊員にチャンバラの稽古を付けてもらっていた
そんな猛者がいくらもいた学校。

入学したときは「こりゃえらいところに来てしもたわ」と大いに後悔した。しかしその母校でその後の人生を変えるほど貴重な経験をさせてもらった。
いつも思うこと、あの3年間がなければ今の自分はない。
悪友たちには偉そうな口を利いているけれど本当は頭が上がらない。

悪友たちとはこのまま死ぬまでつき合う。
「みんなおれより長生きしておれの葬式に来てくれや、先に死なれると老後の遊び相手がいなくなって困る」と言ってある。
漫才コンビを組むために品の悪いネタも考えている。

相方が芸名も考えた。
絵に描いたようによくできている、彼の笑いの瞬発力にはいつも感心させられる。
なぜお堅い会社に勤めているのか?
若いころから少しも衰えていない。

読むとちょっと珍しい名前、漢字で書くと常識的な文字でいかにも漫才コンビらしい字面。
字面としては漫才コンビの名前のお手本のようだ。
でも漢字をよくよく読んでみるととんでもない名前

そのとんでもない読みでもちゃんとコンビで一対になっている。
テレビに出ても名前は漢字では表示できない。
いつも小学生の作文のようにひらがなで名前が表示されるだろう。

次回帰国して集まるときには仲間内で芸を披露したい。
どうやって稽古するかが問題?
スカイプくらいだろうか。時差も大きい。

仲間内ですら受けなければお客さんは誰も笑ってくれない。
スカイプでネタあわせしながら反省会をすると、しまいには大げんかになるに違いない。
こうして書きながら、もう相方が怒る声が聞こえてくる。
いわく「お・ま・え・な・あ~な・ん・で・そこで突っ込めへんのじゃ~っ!話しがいっこもまえ進めへんやないか~ドアホっ」

少子化のため学校数が減少する方向に進むのは自然な流れ。
募集定員を割っているような不人気校が最初に整理統合対象になるのもよくわかる。

母校とはいうものの今となっては箱(建物)以外には知り合いもいない「よその学校」。
でもその箱すらなくなるとなるといよいよ帰る家がなくなったような気持ちになってしまう。
スポンサーサイト
  1. 2014/09/07(日) 14:46:07|
  2. 日常生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<民事介入? | ホーム | 旅行9>>

コメント

Re: 望みは価値観の共有です

ウナさん、

こんばんは、コメントありがとうございます。
初めに、ウナさんの記事のタイトルますます洗練されてますよね。
切れの良さに圧倒されています。

学校でいっしょにいたころはもうむちゃくちゃな友達関係でした。
なんせ私の友達は大バカ野郎揃いですから。
いまだに大バカ野郎なんですが自分も大バカ野郎なので平気なんです(笑)
こちらがひっくり返ってしまいそうなときにかけてくれる、なんの理解もしていない一言に救われます。
ウナさんの「殴り合いをした」というのいいですね。
私たちは当時はみんなまとめて犯罪者でした。
よく真っ当にここまでこられたものだと思っています。
  1. 2014/09/14(日) 13:54:37 |
  2. URL |
  3. MK #-
  4. [ 編集 ]

望みは価値観の共有です

私の時間でしたら
分けてあげたいんですけど・・・・
お早う御座います
俺、もといわたくしにも
居心地のいい場所があります
中学校のクラス会です
2~3年に1回開かれます
会の他にも数人で呑んでいると
必ず電話が掛かってきます
『タコ来る?』
私は
「お金がないから行かない」と
電話を切り
すぐにタクシーを呼びます
MKさんと一緒です
級友の存在がなかったなら
今の私は存在していません
とっくに「あの世」とやらにいっていました
中には殴り合いをした人もおりますが
いまでは笑い話です
ほんとに嬉しい記事でした
感謝感謝であります
  1. 2014/09/14(日) 08:15:14 |
  2. URL |
  3. ウナ #-
  4. [ 編集 ]

>M.I.Fさん

M.I.Fさん、返事遅れてすみません。

仰るとおりですね。連中と集まるのが母校になるんだと思います。
続く相手はいつまでも続きますよ。
共通しているのは同じ学校を出たということだけで学歴も職業もみんな全く違います。
そこがおもしろいところかもしれないんですが。
  1. 2014/09/11(木) 07:45:22 |
  2. URL |
  3. MK #-
  4. [ 編集 ]

>バーソさん

バーソさん、返事が遅れてすみません。
お褒めの言葉までいただいてしまいましたね(笑)

>死ぬまで付き合う悪友がいるのはいいですね。
悪友たちと会うことができて幸せだと思っています。
どういう訳かずっと残ったのが何人かいます。どうしようもない集まりですが。

>そんな志向の方でしたか。いいですね。
元々そうなのか?どうなのかわからないのですがある友人との会話は普通に話していても漫才的なテンポなのです。じゃあ年いったら漫才せなあかんなあ、と言うてるんです(笑)
  1. 2014/09/11(木) 07:43:38 |
  2. URL |
  3. MK #-
  4. [ 編集 ]

廃校ですか・・・それは残念ですね。自分の母校はそういった状況ではないので、的外れな言い方かもしれませんが、きっとその「箱」が無くなってもその友人の皆さんがいることもしくは、集まった先の、そこが今後は「母校」になるのかなぁと思いました。

自分はまだまだ卒業して10年にも満たないですが、悪友?親友?たちとはこの先何十年もつきあっていきたいです
  1. 2014/09/08(月) 10:07:34 |
  2. URL |
  3. M.I.F #AE82lOaM
  4. [ 編集 ]

こんにちは

死ぬまで付き合う悪友がいるのはいいですね。
羨ましい限りです。あ、これ、前回も言ったセリフでした。
漫才コンビを組むのですか。
そんな志向の方でしたか。いいですね。
そう言われると、この記事はテンポがいいです。
文体がえらい調子よくて、痛快に読めました。
あ、ちょっとほめすぎだったかな。(笑)
  1. 2014/09/08(月) 09:59:25 |
  2. URL |
  3. ☆バーソ☆ #IGPPA7yY
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://miodoaniline.blog.fc2.com/tb.php/383-ac14439d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。