備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

報道と噂

連続になりますが殺人事件の全容?です。

事件の次の日に息子が学校で仕入れてきた情報(噂ばなし)と警察の発表を比較しながら見てみます。

被害者は双子の兄弟の一人でもう一人の子は事件現場にいた、留置場に入っている。事件の時3人でカードゲームをしていて、なにかで犯人のスイッチが入って犯行に及んだ。これが子供からの情報でした。

この兄弟は息子よりは2学年上で聞こえよがしにドラッグの売買の話しをしていた「阿呆」らしいです。被害者と息子はほんの少しだけ面識があり、言葉を交わしたことがある程度には話したことがある、そうです。息子いわく、あいつら薬やってるバカ、どうせ薬の関係のお金かなにかで揉めたんだろう、と同情の言葉は全くなく冷めた見方。

そこで子供達の情報はどこから流れてきたんだという疑問が湧きました。一人は殺されもう一人は留置場、じゃあ誰がしゃべったの?双子のもう一人は犯人の仲間?

息子によると犯人のフェイスブックには神の声が聞こえて・・・といういわゆる「電波」について本人の書き込みがあると。

電波聞こえるんだったらschizophreniaやで、まちがいなく精神病やで。被害者もそんなん?

よく知らないけどそうではないと思う。あいつら単なるバカや。

警察の発表によるとこの兄弟ともう一人別の子が3人で同じアパートメントに住んでいた。双子のもう一人の子は犯行時には自宅にはおらずもう一人の子からの電話で犯行を知った。父親がハイウェイパトロールという前日の報道は間違いだったとの情報もある。

被害者たち3人が最初カードゲームをしていたのは警察発表にもあったので子供の噂は事実らしい。その後、もう一人の子は別の部屋?にいて、犯人はキリスト教関係のYoutubeを見ていた。突然興奮してさやから蛮刀を抜いて振り回し始め、人を刺す音がした(どんな音?)のでそちら(の部屋?)を見ると被害者が刺されて(深手を負って)外に逃げ出すところだった。その後殺された。

(過去に)害者兄弟は呪いの練習をしていたことがあり犯人はディープなキリスト教信者(敬虔なというニュアンスじゃなくて,はまり込んでいるという感じ)なので、その点(呪いの是非?)で対立があった、らしい。犯人は重度の薬物常用者で最低4人は人を殺したい、と言っていたらしい。警察も犯行現場で薬物の証拠があったので薬物の影響で錯乱した可能性についても言及。

もし犯行時間がずれて小学校の帰宅に合えば大変なことになった可能性がある。近所のメキシカンレストランの防犯カメラの写真が公表された。長い蛮刀を右手に持ってふらつくような感じで立っているのがはっきり分かる。よくそれ以上多くの人が殺されなかったものだと思う。

ここまでの情報を総合すると双子ともう一人が住む家に犯人が出入りしていた。そこは薬物中毒(常用者?)のたまり場のようだ。そこで犯人が蛮刀を振り回して双子の一人を殺した。

この犯人が薬物(この場合マリファナなんかじゃなく、たぶんメタンフェタミン)が身近なところで簡単に入手できるとこういう事件が増える。この子は元々精神病の重篤な患者だったのかもしれない。でも精神病患者の中で他害傾向を持つのはごく少数。この場合は薬物による精神病と考えるのが妥当じゃないかな。

日本でどの程度が報道されているかわからないけれど、薬物が原因の幻覚幻聴などの精神疾患は実は結構たくさんいる。ここら辺じゃコロラドに車で行ってマリファナを仕入れてきて捌くバカがいるらしい。息子によると被害者兄弟はその周辺にいたということなので息子の反応は冷たい。

非常に奇妙なのは加害者被害者共に家族、出身地、なにも発表されていない。被害者は市内の高校を卒業しているので市内の出身に違いない。犯人(白人)については今のところなにもリリースされていない。不思議な感じがする。
スポンサーサイト
  1. 2014/11/04(火) 08:08:50|
  2. アメリカ暮らし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ハロウィーン | ホーム | 殺人事件(つづき)>>

コメント

>さくらこさん

さくらこさん、こんにちは

あれだけで済んだのがウソみたいですよ。
事件のあった同じ区画に息子の友達が住んでいます。
幸い帰宅時にはすでに警察が検証していました。

粗暴犯のいる地域というのはわかるので避けられますが基地害は難しいです。
事件のあったところはうちの住宅街に接しているのですがあそこだけはアパートメントで実際にはこの住宅とは別の住宅なんです。
だから若い子だけで住んでいたんですよ。

若い学生さんの住むところはいろんな子がいます。
ところが危ない連中に比べると危険度は低いんです。
そういうところにおかしなのが混ざり込むと近所の人じゃないとわかりません。

アメリカのいいところは(危険かどうかだけでいうと)棲み分けができているので見ただけでだいたいわかるところです。

閑静な住宅街に常習の粗暴犯が住んでいることは(ほぼ)ありません。
生活水準とモラルが(表向きは)だいたい比例関係です。
ここは日本とは決定的にちがうところです。
  1. 2014/11/05(水) 04:57:20 |
  2. URL |
  3. MK #-
  4. [ 編集 ]

読めば読むほど怖いですねぇ。。
身近でこんな殺人事件が起きてるなんて。
小学校の帰宅の時間ももう少しずれていたらと思うとゾッとします(・・;)
  1. 2014/11/04(火) 21:28:05 |
  2. URL |
  3. さくらこ #WstX4HDY
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://miodoaniline.blog.fc2.com/tb.php/414-6c619900
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。