備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

前回の続き

その後、黒人差別騒動について何人かのアメリカ人(白人)に意見を聞いてみた。共通するのは、ありゃやりすぎだ、ということ。ビデオで流れていた歌は音声が悪かったこととニュースだとピ~が入っているので核心部分が聞き取れないとのことだった。でも聞くまでもなくみんな予想はしていたらしい。一人だけ聞きとれ人がいたので教えてもらった。

テキサス出身の女性によると、閉鎖されたフラタニティーで可哀想なのは無関係な上級生だそうだ。問題を起こしたのはほとんどが1年生。フラタニティーが閉鎖になったので無関係だった上級生まで全員が組織から追い出されたらしい。今後、同じ団体への登録が出来ない永久追放。

日本で言うなら運動部員の犯罪行為で無関係な学生までまとめて活動できなくなるというやつの強力版。アメリカでは通常は運動部員が捕まっても部全体が対外試合禁止なんてことにはならない。

大学生が薬物で有罪判決を受けても処分されなかったケースを知っている。それは大学の責任ではなく個人の資質に由来する問題だから。でも黒人差別だと問答無用で最も厳しい処分に処する。しかも今回は公式に認められた団体での活動中の出来事なので個人責任では済まないということらしい。じゃあ運動部も同じなんじゃないの・・・

もう一人、彼は30代後半の白人で敬虔なキリスト教徒。途中から黒人差別に敏感なアメリカ社会の矛盾の話題になったのでそこまで併せて会話の大枠を再現しておきます。

M:あのビデオなんて言ってるか聞こえたか?○○や□□は聞き取れなかったと言ってたんだけど。

D:あんなこと言ったら、ちょっとまずいよな。

M:聞き取れたん?

D:悪い言葉。

M:どんな悪い言葉?

D:言ってはいけない悪い言葉。

M:なんて?

D:(言い出しにくそうに)エヌアイジージーイーアール

M:それか、そりゃあかんな。アメリカ社会ってこの手の問題に敏感やもんな。

D:うん、向こうが言ってもお構いなし、でもこっちが言うとあかん。

M:アンフェアやわな。おれはずっとおかしいと思ってる。敏感すぎるよな。

D:そうそう。いかなる状況でも両者が対等に意見を言えればいいけれどそうはなってないから。それができてのfreedom of speechなんだけど。

M:おまえの言う通りや。そりゃ個人的に黒人が嫌いというのもあるからな。おれだって好き嫌いあるもん。黒人だからとかそういう理由じゃなくて受けつけないやつおるもん。今回のはありゃやり過ぎだけど、個人的な好き嫌いすら公言しにくいもんこの社会は。

D:そう。

M:必ず叩かれるもんな。

D:そうそう。

M:ああいう連中のことを日本では人権病とか人権マフィアって呼ぶんや。個人の意見表明すら差別だと言って商売してるのがいっぱいおるんや。

D:宗教的に受け入れがたい集団(これははっきりとは言わなかったけれどムスリムのこと)なんか受け入れられないから。

M:おまえキリスト教徒やんか、キリスト教を否定するような集団と仲間にはなれないわなあ。でもキリスト教(徒が運営する)の政府がどんどん受け入れてるもんな。せいぜいまく離れて別々に住む(棲み分け)くらいまでよな。みんな仲良くにはならんよ。おれらはよその人の神さんや信仰を否定しない。このコーヒーにもありがとう、この紙にもありがとう、なんにでも神仏が宿るのでなんにでもありがとうと言うように言われて育ったから他の人に他の信仰があることに違和感がない。だから日本人はトラブルを起こさないんや。一神教であるキリスト教徒から見ると変だと思うだろうけどな。

D:(キリスト教の)教義に反する人たちも受け入れられない(これはゲイのこと、ここでは同性愛者全般を指す)。(これもアメリカでは表立って批判しづらい。私は知り合いに何人かいる、いいも悪いも人の趣味なんで気にしたこともない。でも彼は教義に反するという理由で受け入れられないとはっきり言う)。

M:それ聖書に書いてあるらしいな。ウェストボロバプティストチャーチってあるやろ。

D:(ニヤニヤ)

M:あのオッサン、一年ほど前に亡くなったやろ。

D:うん

M: T(長男、彼もよく知っている)がな、フレッド・フェルプスが生きてるころに電話して話したらしいんや。

D:(大笑い)

M:「キミ、聖書持ってるか」「簡単なものならある」「それでいいわ」と言って聖書のどこを開け、そこにはこう書いてある・・・・とフェルペスは丁寧にゲイがいかにキリスト教に反するかを説明してくれたらしい。

D:(大笑い)

M:でもおれもTも彼らがやってるのは行きすぎた行為やと思うよ。Tに、反論しなかったんかと聞くと「学校のプロジェクトの一環でやったんで途中で電話を切られても困るので黙って聞いていた。でも彼は元々困った黒人を助けていた弁護士でいい人だったらしい。」(本人はフェルプスの過去にまで遡って細かくインタビューした)

D:ぼくもそう思う、あれは行きすぎてる。

そんな感じでしばらくの間アメリカ人の本音に近い話しを聞かせてもらった。freedom of speechと言いながら現実には強烈なタブーがある。長くなるので続きは別の機会に。
スポンサーサイト
  1. 2015/03/13(金) 04:46:09|
  2. アメリカ暮らし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<スパム | ホーム | 人種問題>>

コメント

こんにちは

アメリカでは差別って言うとそういう問題が大部分をしめてそうだよねぇ~。

まぁ、世界から差別ってのはなかなかなくならないんでしょうねぇ~。
なんせ違う環境で生まれて育ってきて教育も違ってるから、なかなかわかりあえない種族って感じの「○○は○○」って固定観念が存在してしまってますからねぇ。

何年たってもきっと差別はなくならないと自分は考えます。
なぜなら、その固定観念って育ってきた親の言動や考え方や決めつけであったり、その地域の考えや教育方針によっていくらでも変わってきますから。
それに同じアジアの中だって言うのに同じアジアの国同士で、批判しあってる日本・中国・韓国を見れば簡単にわかりますよ。
アジアの中で同じ肌の色なのにいがみ合い差別しあってる時点で、肌の色が違う事で差別につながってるアメリカから差別がなくなるはずがないですよ。

まずはアジアの中で同じ肌の色同士での差別がなくなれば、アメリカの差別もなくなる可能性もあります。
ただ、今の状況を見ても溝がなくなる未来なんて見えてきませんからねぇ。

日本は過去の清算を済ませて未来に目を向けて歩こうとしていますが、中国と韓国はいまだに過去の出来事を何度もほじくり返して、なおかつ嘘をおりまぜながら自分らが正しいと思わせようとしてるし、国を挙げて反日無罪なんて事を考えてる時点で、溝は絶対に埋まらないですね。
  1. 2015/03/18(水) 14:32:22 |
  2. URL |
  3. よしお #-
  4. [ 編集 ]

人種差別に敏感な、とても人種差別のある国、というのが私のもつイメージですね。州や地域によっても全然違うし(まあ、人口構成が違いますからね)、やっぱり個人レベルで違う。「正義」にとても敏感なんですよね。
  1. 2015/03/15(日) 06:23:32 |
  2. URL |
  3. TORU #-
  4. [ 編集 ]

おはようございます。
面白い、、、
このまま出版に持ち込めそうだけど、、むりかしらWW

  1. 2015/03/14(土) 07:15:54 |
  2. URL |
  3. hippopon #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://miodoaniline.blog.fc2.com/tb.php/444-ef557724
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。